肌に負担のかかるイメージのピーリングですが、乳液なら優しく、もちもち肌になれちゃう♡そんな乳液ピーリングの方法と効果を紹介します。お家にある乳液でOKなのでコスパも良い♪


乳液で「ピーリング」出来るんです

2016y08m18d_143345039
わざわざピーリング剤を買わなくても、お家にある乳液でピーリングが出来る!

ここ最近、美容研究家や美容に敏感な方の間で話題の「乳液ピーリング」。

ピーリングコスメやスクラブなどは全く使わず、お手持ちの乳液で出来ちゃう簡単ピーリングです。

乳液ピーリングで、お肌がみるみる若返る♡
2016y08m18d_143353448
年齢を重ねるごとに身体だけでなくお肌の代謝も低下…

年齢を重ねた肌や、環境による影響でダメージを受けた肌などでは、このお肌の生まれ変わりが乱れて滞りやすくなります。

老廃物が溜まり角質が厚くなってしまった肌は、カサカサしてキメが粗く、乾燥、くすみ、シミ、シワの原因にもなってしまいます。

2016y08m18d_143415678
ピーリングが、肌のターンオーバーを整えてくれる!

洗顔やマッサージ等を丁寧に取り入れるのも効果的ですが、やはりお勧めなのは不要な角質を取り除いてお肌のターンオーバーを整える「ピーリング」です。

ピーリングは、この不要な角質や溜まった老廃物を取り除いて、お肌のターンオーバーを正常に戻すためのケアです。

乳液なら、お肌に優しい♪
2016y08m18d_143433431
乳液ピーリングは肌に負担のかかるピーリング剤を使用することなく乳液とタオルだけで、ピーリング!

乳液ピーリングは、手持ちの乳液と蒸しタオルだけで角質を除去する簡単な方法。保湿しながら角質ケアをするのでお肌に負担をかけません。

乳液ピーリングは、乳液の「肌を柔らかくする効果」を利用して、肌表面に溜まった不要な角質や老廃物を除去する角質ケア。

もともと、お肌のお手入れに使っている乳液だけに、新たな化粧品アイテムを使うことへの不安もなく、ケミカルピーリングでの薬剤の刺激への心配もまったくない、安全で手軽な角質ケアとして注目されています。


乳液ピーリングのやり方
2016y08m18d_143449233

①洗顔後、顔全体に乳液を塗る

まずは、しっかり洗顔をした後、タオルで丁寧に水気をとって準備します。

そのあと水気を丁寧に拭き取り、乳液を顔全体にのばします。

2016y08m18d_143500809

②マッサージしながら肌に浸透させる

強くこすらないように!

全体に乳液を広げ、こすらないように注意しながら、指の腹でやさしくクルクルマッサージするようにして肌になじませます。

決してこすらずに、なるべく肌の表面に浸透させるようになじませ、皮膚をふやかすイメージでマッサージしましょう。

2016y08m18d_143521869

③蒸しタオルで更にふやかす!

お肌をしっかりマッサージしたら(乳液が透明になるくらいが目安)、お湯やレンジで温めたタオルを顔全体にのせて、さらに皮膚をふやかします。

蒸しタオルを火傷に注意しながら広げ、顔にあてて3分程度蒸らしたら、こすらないように注意しながら、やさしく乳液を拭き取ります。このときに古くなった角質がオフされます。

このとき、タオルは決して熱くしすぎないように、固く絞りすぎないように水分も残します。高温やタオルの摩擦が肌にダメージになっては逆効果です。

2016y08m18d_143534208
最後は、化粧水やクリームで保湿を忘れずに!

ピーリングをした直後の肌は敏感になりやすいため、外部からの刺激から保護することが大切です。

お家で簡単に出来ちゃう乳液ピーリングの効果はたくさん!以下で紹介します。


くすみが消えて、肌が明るくなる!
2016y08m18d_143542258
角質を除去することでくすみや毛穴の黒ずみがなくなりツルツルもちもちのお肌に♡

乳液ピーリング後は、肌のトーンが明るくなり、すべすべになっちゃいますよ!

血行が良くなる
2016y08m18d_143602351
蒸しタオルが血行を促進するのでくすみが改善され、肌のキメが整います。

蒸しタオルで血行が良くなると肌トラブルも改善されやすくなりとくに冷えによる症状に有効♡

化粧水の浸透力を高めてくれる
2016y08m18d_143619745
ピーリングの後は、不要な角質や老廃物がすっかり取り除かれ、代謝も促進されて化粧水がグングン浸透していきます。

たまった老廃物が取り除かれて化粧水や美容液がぐんぐん浸透!肌のキメが整うのでもちろん化粧ノリもよくなります。

角質を除去することにより、次にくる保湿剤の浸透を高め肌がぷりぷりになります。

肌に優しいと言えど、やり過ぎはNG
2016y08m18d_143633176
スペシャルケアとして取り入れて。

いくら肌にやさしいとはいえ、やり過ぎると肌に必要な角質までオフしてしまい、肌荒れの原因に。逆効果にならないためにもやり過ぎにはくれぐれもご注意を。

過度なピーリングは、正常な皮膚も剥がしてしまい、肌のトラブルにつながってしまうので週1~2回にとどめてください。


管理人から一言
どのご家庭にもあるであろう乳液でピーリングができちゃいます!!
お休みの前日や大事な日の前日などにお試しください!